通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト


    ワイの姉が息子に先取り学習させた結果



    1: 名無しさん@おーぷん
    授業がつまらないと授業を抜け出しまくって言うこと聞かず担任が精神病んで学校に来なくなった模様

    2: 名無しさん@おーぷん
    ワガママなのは別問題やろさすがに

    3: 名無しさん@おーぷん
    >>2
    せやな

    【【小5 甥っ子】ワイの姉が息子に先取り学習させた結果とんでもない事になった】の続きを読む

    渡辺明棋王の一週間が完全にニートだと話題に

    渡辺明棋王の一週間が完全にニートだと話題に


    【【将棋】渡辺明棋王の一週間が完全にニートだと話題に 渡辺明棋王の一週間スケジュール表がスカスカ】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★
    女性医師の大城さん登頂に成功
    世界最高峰エベレスト
    2018/5/21 21:38
    c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/371276321659126881

    エベレスト登頂に成功した女性医師の大城和恵さん(山岳医療救助機構提供)
    origin_1


    大城和恵医師
    img_next


    登山者に脱水症予防をアドバイスする大城医師
    20160828-00000003-wordleaf-031c772db5cc6b84c95435fa1573e8d8c



    国際山岳医でエベレスト遠征のドクターも経験した大城医師

    山岳医療救助機構は21日、女性医師の大城和恵さん(50)が17日に世界最高峰のエベレスト(8848メートル)の登頂に成功したと発表した。
    同機構によると、日本人女性医師としては初めて。中国・チベット側のルートを登頂し、下山後に同機構を通じて「応援してくれた皆さんに心から感謝を伝えたい」とコメントした。

    大城さんは長野県出身で札幌市在住。2010年に日本人初の認定国際山岳医となり、13年に冒険家の三浦雄一郎さんが史上最高齢の80歳で登頂した際にチームドクターを務めた。

    ★1がたった時間:2018/05/21(月) 21:52:40.52
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526907160/

    【【登山】女性医師大城和恵さん(50)世界最高峰エベレストの登頂に成功】の続きを読む


    09b382d0-s




    1: 膳摩漏 ★
    タレントの中川翔子の急速な劣化で結婚願望に暗雲が立ち込めているという。彼女は現在、連続ドラマ『デイジー・ラック』(NHK)に出演中で、30歳を目前にして人生や恋愛に悩む女性を演じている。

    「中川はデイジー・ラックで佐々木希、夏菜、徳永えりといった同年代の女優と共演していますが、中川だけ顔のたるみが目立っているのです。最近は劣化というよりも“老化”しているように感じてしまいます。
    インターネット上では《年齢以上にBBA》といった書き込みもあるほどです」(アイドルライター)

    653f3b69-s


    【【悲報】中川翔子が「急速に劣化」結婚は絶望的】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★
    2018年4月1日は日曜日だった。多くの企業が2日に入社式を開く中、働き方のコンサルティングを手がける
    「クロスリバー」CEOで、3つの大学で講師をする越川慎司さんの元に教え子3人から、Facebookメッセンジャーが送られてきた。
    いずれも別々の大手企業にその日に入社した教え子たちだった。

    「社長の話にがっかりした」「労組の組合にハンコを押す儀式が、一生会社にいる恐怖感を感じた」

    3人に共通したのは「もう辞めたい」という意思。入社初日から大手企業の体質に違和感を覚えていた。
    .
    ■メガバンクをすでに退社

    越川さんによると、3人は中堅私立大学出身の男女。メガバンクに就職した男性は起業準備のために、すでに退社したという。
    あと2人は、大手IT企業と大手コンビニに入社し、5月中旬現在ではまだ会社に留まっている。

    3人の退職検討理由として、こう伝えてきたという。

    「同期は全員リクルートスーツで社長、人事もダークスーツ。こういう会社で個性が出せるか」「人間ロボットが働くことに疑問を感じた」
    「大企業の社長の話というと、ビルゲイツや孫正義のようなプレゼンを想像するが、紙を出して読んでという社長の姿にがっかりした」

    まず入社式への違和感。そして、

    「労働組合の説明会があり、給与から組合費が天引きされる。加入のためにハンコを押す儀式があり、一生会社にいる恐怖感があった」

    (会社の)慣習への抵抗感があった。

    中には「内定を得てから入社までの1年間で心情が変化した」という“内定ギャップ”を吐露した人もいた。

    越川さんは、すぐに3人とスカイプで会話し、こう伝えた。

    「目的を実現する手段として職場を考えた方がいい。目的とそのための手段の具体策がわかっているなら、早く辞めてもいいと思う」

    同時に、「企業は新入社員を一生で3億円の投資をすると考えて、採用している。初日に辞めるという態度は失礼になる」と指摘もした。

    ■4月辞め新社会人向けのサービスも

    売り手市場で企業による学生の争奪戦が過熱し、就活は短期決戦になっている。

    「(短期間でとにかく)内定をもらう競争の中で、(とりあえず)内定をもらって自己満足したり、辞めてもどこにでも入れると勘違いをしたり
    している場合がある。4月に辞めた新社会人を狙うエージェントや企業も出始めている」(越川さん)

    結果、超早期離職が生まれている可能性がある。

    日本の場合、入社まで配属や職種がわからないという配属リスクもある。

    「人事部も売り手市場なので、学生に職場の良い面だけを言い続けているかもしれない。すぐに内定が出ると、学生は希望の職種につくまで、
    我慢するエネルギーが湧かないのでは」(越川さん)

    学生と企業のギャップを埋めるため、企業側は内定後の職場体験や先輩社員との交流を企画したり、内定から入社までの“待ち時間”を
    短縮するため通年採用を始めたり、試行錯誤している。

    ■内定を得てから落ち着いて考える

    まさに「とりあえず内定競争」を象徴するような話も聞いた。

    今まさに就活中の大学院生の女性(25)は、「(6月ごろに)内定が出たら、ほかの業界を見たり、本当に何がしたいか考えたりしようかな」と話す。
    何がしたいか考えてから就活するという発想とは真逆だ。

    2219988i

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00010000-binsider-bus_all 

    【【新社会人】入社初日に「辞めたい」超早期退社する新入社員達がこちら】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん
    タバコ吸わない、酒飲まない。
    休日出勤、サービス残業しまくり
    常にイライラして周りの空気を悪くしてた

    これはストレスと過労が原因?

    【自業自得】37歳の上司が脳梗塞で倒れた

    2: 名無しさん@おーぷん
    タバコ吸わない人がよくなるね

    3: 名無しさん@おーぷん
    つまりブラックに殺された訳か

    【【自業自得】37歳の上司が脳梗塞で倒れた時の周りの反応がこちら】の続きを読む

    人気記事ランキング

      【JK】現在と10年前の女子高生の違いを現した絵

      【画像】完全一致www

      【家系】ラーメン食いまくった結果

      【頭痛】2年間虫歯放置した結果

      【悲報】オタサーの姫がアイドルになった結果

      【悲報】歩きスマホで刑務所行き

      【自撮り定期】女「はぁ…マジで自分ブス(自撮りパシャー」

      【格付け】はだしのゲン強さ議論スレ

      【LINE流出】手越祐也のセフレ (画像あり)

      【悲報】週に一度しか風呂に入らなかった結果

      【受験】東大なんて一年頑張れば余裕やろ

      【警察】公務員には肖像権は無い

      【格差社会】高卒と大卒の収入格差がこちら

      【悲報】イッテQ終わる (画像)

      ガチでアウトな趣味一覧がこちら

      ワイ居酒屋バイト、大学サークル歓迎会グループを一網打尽にする

      【朗報】35歳の俺が1年ナンパした結果

      【無職】ガチで孤独なんだが…

      【LINE】ワイの彼女がガイジすぎるんだが

      【悲報】ニコニコ動画終了のお知らせ

      【訃報】元モーニング娘。矢口真里さん永眠

      【悲報】中3女子 オラつく

      【悲報】スザンヌ逮捕

      【悲報】嵐 活動停止

      スーパー「あなたの妹を万引で捕まえた。引き取りにきて」私「え?妹なら家にいます」→3ヶ月後



      スポンサーリンク

      このページのトップヘ