通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    カテゴリ: 芸能

    投打での活躍は「空想の領域」だったが…「23歳の男が実写版で登場した」

     17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で自身3度目の先発マウンドに上がるエンゼルス大谷翔平投手。ここまで投打に快進撃を続ける二刀流のスーパースターについて、米メディアからは「まるで漫画の主人公」という声が上がっている。

    「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは日本の漫画の実写版」と特集したのは、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」。日本のアニメ・漫画文化は海外でも絶大な人気を誇るが、メジャーを席巻する「Shohei Ohtani」は、そんな漫画の世界の住人だというのだ。

    MLB大谷翔平LA紙特集で「MAJOR」の茂野吾郎と比較
    「投げて、打つ野球選手というコンセプトはしばらくの間、空想の領域での存在だった。その可能性を夢見ていた同じ国から、23歳の男が実写版で登場したのだ」

     投げては2戦2勝、13イニングで18奪三振、防御率2.08、打者としても8試合で打率.367、11打点、3本塁打、OPS(出塁率+長打率)1.191という衝撃的な成績を残している二刀流は、アニメの世界をも超越する存在になりつつあるという。

    続く

    【【大谷翔平】LA紙特集で「MAJOR」の茂野吾郎と比較!? 大谷翔平は「日本の漫画の実写版」】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん
     平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、
    東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー
    「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。
    CSテレ朝チャンネルで生中継された。

     羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。
    羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、
    スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

     この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら
    魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。
    「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで
    会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!
    僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

    【激白】羽生結弦「週刊誌の問題があって何回も死のうと

     フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。
    「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、
    自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。
    本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000119-dal-spo
    客席に手を振る羽生結弦=13日、都内
    https://daily.c.yimg.jp/general/2018/04/15/Images/d_11166649.jpg
    羽生結弦=4月13日撮影
    https://daily.c.yimg.jp/general/2018/04/15/Images/d_11166639.jpg

    【【激白】羽生結弦「週刊誌の問題があって何回も死のうと、でも生きててよかった」】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん
    元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞(29)とロックバンド「ONE OK ROCK」のヴォーカル・Taka(29)がお泊まりデートしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

    4月8日(日)19時、4人グループで六本木に集合した後、2人はタクシーで個室スパへ移動。
    深夜1時まで約3時間半を2人きりで過ごした。

    「ここは系列店の中でも高級な店で、どの部屋もカップル仕様になっているんです。アロマオイルマッサージを受ける時は紙ショーツに穿き替え、上半身裸になって隣り合う二つのベッドで施術を受けられます」(店舗関係者)

    個室スパを後にした2人は、タクシーでTakaの自宅マンションへ。

    翌日午前10時過ぎ、マンションから出てきた浅田を直撃したが、記者の「お二人は交際されているのでしょうか」の質問に「すいませーん」。
    浅田はタクシーのドアを閉めて走り去ってしまった。

    それぞれの所属事務所に確認すると、浅田側は「お友達です」。
    Taka側は「プライベートは本人に任せています」と回答した。

    詳しくは4月12日(木)発売の「週刊文春」で報じる。
    また「 週刊文春デジタル 」ではデート現場を撮影したカラー写真や直撃の模様を収録した関連動画を同日朝5時より公開する。

    「週刊文春」編集部

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00006975-bunshun-ent

    浅田舞・ワンオクTaka「深夜個室スパ&お泊まり」スクープ撮《予告編》
    https://www.youtube.com/watch?v=MqpbSR9zVT8


    浅田舞 
    2tHXbRINMEO8uTD1523435917_1523435930

    konya1104b-2x32-b183f


    個室スパを出るTaka
    no title

    続いて個室スパを出る浅田舞
    no title

    【【文春砲】深夜個室スパ&お泊まりスクープ撮 】の続きを読む

    このページのトップヘ