通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで

    タグ:ガクブル

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 00:27:34.61 ID:EiaKFnaq0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    〈今使ってたらイタいと思うネットスラングTOP10〉
    (18項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

    1位 なう 233pt
    2位 ワロス 174pt
    3位 JK(常識的に考えて) 145pt
    4位 もうだめぽ 77pt
    5位 △(本田△=本田さんかっけー、など) 53pt
    6位 今北産業 47pt
    7位 草 46pt
    8位 くぁwせdrftgyふじこlp 42pt
    9位 オワコン 35pt
    10位 ※ただしイケメンに限る 33pt
    10位 ガクブル 33pt

    ※番外
    12位 スイーツ(笑) 32pt

    ●1位 なう 233pt
    「死語だから」(29歳)
    「使われたらひく」(28歳)

    ●2位 ワロス 174pt
    「社会人として不適切」(27歳)
    「2ch用語自体が恥ずかしい」(33歳)

    ●3位 JK(常識的に考えて) 145pt
    「気持ち悪いから」(33歳)
    「子供しか使わない言葉だと思うから」(29歳)

    ●4位 もうだめぽ 77pt
    「その言葉自体が痛い」(37歳)
    「そもそもほとんど使用されていなかったし、今さら感満載だから」(38歳)

    ●5位 △(本田△=本田さんかっけー、など) 53pt
    「ギャグの場面ではOKだがそれ以外に使いどころがない」(37歳)
    「意味わからん」(31歳)

    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20151115-00045872-r25

    9: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 00:29:09.95 ID:0HOvHaFF0.net
    へwへ

    10: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 00:29:34.78 ID:A9yXmVLM0.net
    香具師が入ってなくて安心した

    【今やイタいネットスラングTOP10】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 14:33:07.42 ID:CAP_USER*.net
    18日の「私の何がイケないの?」(TBS系)では、「驚きのカラダの秘密解明SP」として放送。

    短時間睡眠で生活している、鳥居みゆき、ピカ子、デューク更家、姿月あさと達の一日を追跡した。

    それぞれの睡眠時間は、鳥居が2時間半、ピカ子は1時間半、
    デューク更家は2時間半、姿月はなんとたったの1時間という、考えられないような短さ。

    睡眠時間2時間半の鳥居は、7時に起床して、朝からお菓子のティラミスを作る。
    そして、午前中は、チョコレートアート作りに夢中だった。

    45043

    また、鳥居は驚きの食生活をしていた。
    仕事先で、最初に口にしたのは、大量のサプリメント。
    1日3~4回、合計40粒ほどを摂取。これで栄養を補っているそうだ。

    夜は飲み会に参加して、ご飯は食べず、プリン、アイスクリーム、あんみつなどデザートばかりを食べていた。
    深夜1時に帰宅して、早朝に起きて作ったティラミスを食べる。
    その後、1時間ほどベッドの中で小説を読んで眠りにつく。
    その日に食べたものは、甘い物とサプリメントだけだった。

    眠くならない食品は、トリプトファンが多く含まれる、豆腐や納豆などの大豆製品。
    逆に、糖質を多く摂ると眠くなるのだが、鳥居は糖質の多いものばかりを摂取していた。

    ショートスリーパーの共通点は、一気にディープスリープ(深い眠り)に入れること。
    通常、ディープスリープにつくためには、30分ほどかかるが、鳥居は約3分と早い。

    ショートスリーパーは、時間が多く使えていいように思えるが、デメリットもあるとか。
    遺伝子検査のテロメアテストを行ったところ、ショートスリーパーは平均よりも、遺伝子が疲労していることが判明。

    短時間で、効率的に睡眠をとれることを羨ましく思うかもしれないが、その分、体には負担がかかる。
    専門家によると、最低4時間の睡眠は必要とのこと。

    あわせて、食事にも気をつけるべきなのだが、鳥居の食生活と睡眠時間は、決して健康的な生活とは思えない。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160119-33920551-mynavis
    2016/1/19 10:02 マイナビ学生の窓口

    2: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 14:33:50.73 ID:/9QquZPY0.net
    あっ(察し)

    3: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 14:35:19.96 ID:ZuYvYz/l0.net
    コイツ精神を病んでるだろ

    【鳥居みゆきの私生活がヤバ過ぎる ((((;゚Д゚))))】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 12:45:38.67 ID:CAP_USER*.net
    【衝撃】SMAP解散のフジテレビ謝罪生放送がパワハラ的で問題視 / BPO放送倫理番組向上機構で審議入りが濃厚に

    視聴者「ジャニーズ事務所に言わされてる感が伝わった」

    marie
    2016.01.19

    hqdefault

    ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「SMAP」(スマップ)が解散すると報じられ、日本中のファンが騒然。その事態を収拾するべく、ジャニーズ事務所主導で、SMAPメンバー全員の謝罪生番組が放送された。

    ほぼ全員が涙目
    2016年1月18日(月曜日)22:00に放送されたフジテレビのバラエティ番組「SMAP×SMAP」にて、生放送の特別枠を作り、そこでSMAPメンバー全員の謝罪が行われたのである。SMAPメンバーは黒いスーツ姿で登場。表情はこわばっており、アイドルらしからぬ雰囲気。ほぼ全員が涙目になっているのも目視できるほど、疲れきったオーラを出していた。

    ジャニー喜多川社長への謝罪
    それぞれが、一人ひとり謝罪の言葉を述べていくのだが、その内容に問題があった。解散についてはいっさい触れず、視聴者とジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長への謝罪に徹した。視聴者に対して謝罪するのは理解できるものの、ジャニー喜多川社長への謝罪があったことにより、パワーハラスメントのようにとらえた視聴者が多数いたのだ。

    4人がジャニーズに戻る流れ
    そもそもSMAP解散騒動は、ジャニーズ事務所と、SMAPマネージャの確執(対立)から発生。マネージャーの退職に際し、木村拓哉を除く4人がジャニーズ事務所を辞めるといわれていた。しかし事態が二転三転。キムタクがジャニー喜多川社長へ4人を許すよう話しをし、今回の謝罪会見の場がもたれたという。

    パワハラで精神的ダメージ?
    そういうこともあり、今回の謝罪会見は、SMAPメンバーから視聴者への謝罪であるとともに、ジャニー喜多川社長への忠誠を見せるための謝罪の場といえる(なかば強制的な謝罪だといわれている)。ちなみに、ジャニー喜多川社長への謝罪は、草彅剛が以下のようにコメントした。

    草彅剛の謝罪コメント
    「皆さんの言葉で気づいた事も沢山ありました。本当に感謝しています。今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、いま僕らはここに立ててます。5人でここに集まれた事を安心しています」

    また、生放送で行うことにより、見せしめ、公開処刑、罰、リンチ、いじめ、パワハラなどの精神的ダメージをメンバーに与えたのではないかと、ファンや視聴者、インターネットユーザーから言われている。また、個人的な事務所の人間への謝罪的なコメントも、公共の電波で言うのはおかしいという声もある。

    http://buzz-plus.com/article/2016/01/19/smap-kaisan-bpo/

    4: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 12:46:24.35 ID:Ume+m58F0.net
    メリー婆の謝罪会見まだ~?

    197: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 13:05:42.17 ID:vMOF6HoA0.net
    >>1 
    BPOがそもそも何の役にもたってないだろ 
    あの基地外ばあさんが理事やってるような団体だぞ

    413: 通りすがりの名無しさん 2016/01/19(火) 13:18:48.84 ID:JiCZiK8H0.net
    >>1 
    そしてアナウンサーのガクブルの理由もしりたい
    (西山喜久栄アナ 2:45~登場)
       
    【SMAPの謝罪生放送がパワハラ的でBPO審議入りが濃厚に 西山喜久恵アナ、ガクブル 動画あり】の続きを読む

    このページのトップヘ