通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:キレ芸

    1: 通りすがりの名無しさん
    芸人のカンニング竹山が人知れずYouTuberデビューを果たしていた。

     11日に自身のYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberに転向する意向を示した梅宮アンナをはじめ、芸人のねづっちや波田陽区、元プロ野球選手でタレントの板東英二や所ジョージなど、今や芸能人たちのYouTubeへの“逆参戦”はとどまるところを知らない。

     しかし、テレビで名を馳せたからといって、その知名度がそのままYouTubeに通用するかというとそうでもなく、チャンネル登録者数はねづっちで7千人弱で、板東英二が9千人弱。所ジョージでさえも2万7千人となっており、波田陽区に至ってはいまだ2千人にも満たないのが現状。

    9f3b7645

     そんな中、今年1月にこっそりとYouTuberデビューしていたのが、カンニング竹山だ。知人のディレクター2人とともに“地元福岡で出演オファーを受ける”というコンセプトの元、コンスタントに動画をアップしているのだが、チャンネル登録者数は13日正午時点でわずか4千人弱。再生回数も初回こそ2万回以上となっているものの、多くの動画は5千回ほどにとどまっている。

     竹山は現状を受け、自身のツイッターを更新。「大見栄きって自腹きって男3人で福岡に乗り込むが早くも夢破れ次は再生回数を増やそうとTwitterにてネットニュースに呼びかけたり、若者に呼びかけたりするもまったく効果でず」と告白。「俺、はずかしいです。。。カンニング竹山と申します」とつづっており、ファンからは応援や番組の改善案などが寄せられているものの、再生回数には繋がっていない。

     今月6日にも、ツイッターで「ネットニュースの皆様このチャンネルをニュースにして下さい!」「プロが3人で作っていておもしろい自信があるのにこの数字。。。はずかしです」と乞うていたのにも関わらず、話題になることはなかったカンニング竹山のYouTubeチャンネル。

     近年、「テレビから自由さがなくなった」と嘆く声がよく聞こえているが、芸人が自由に番組を作ったところで、それが再生回数に繋がるとは限らないのかも知れない――。

    記事内の引用について
    カンニング竹山公式ツイッターアカウントより
    https://twitter.com/takeyama0330?lang=ja

    4/13(金) 23:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000013-reallive-ent

    14: 通りすがりの名無しさん
    絵が汚い

    48: 通りすがりの名無しさん
    竹山は面白くない

    【【カンニング竹山】YouTuberデビューも話題にならず!なぜ芸能人はウケないの?? 】の続きを読む

    1: 通りすがりのアノニマス 2015/10/08(木) 12:38:00.87 ID:???*.net
     賞味期限切れが囁かれる『アンジャッシュ』の渡部建(43)に取って代わる形で、お笑い界で人気急上昇しているのが、相方の児嶋一哉(43)だ。
     彼の芸風といえば、毎回、名前を間違われ「児嶋だよ!」というボケ&ツッコミのイジられキャラでお馴染みだ。
     「何も知らない素人は、ただのすべり芸人だと思い込んでいるようだが、それは360度違う。計算された完璧な芸なんですよ。
     間が天才的で、彼にしかあのタイミングで『児嶋だよ!』とは切り返せない。しかも、明石家さんまやタモリ、笑福亭鶴瓶など大物にも容赦ない。まさに彼ならではの芸ですよ」(芸能プロ関係者)

    アンジャッシュ・児島

     その人気を象徴するかのように、最近は無料動画サイト『YouTube』でも“児嶋イジリ”の動画がアップされている。
     実際に芸人としての活動は、『ポンコツ&さまぁ~ず』、『コレ考えた人、天才じゃね!?~今すぐ役立つ生活の知恵、集めました~』(テレ東系)などで、ピンとしても出演中なのだ。
     「日テレやテレ朝でも、この10月以降にレギュラーを抱えることになる。相方の渡部は現在4本のレギュラーを抱えているが、これで一気に逆転されますよ」(制作関係者)

     児嶋がここにきてブレイクしたもう一つの理由が俳優としての顔だ。'08年の映画『トウキョウソナタ』を皮切りに『クヒオ大佐』、『恋の罪』、『謎解きはディナーのあとで』、そして最新作『HERO』など数々のヒット作に出演している。
     さらに、俳優の実績があるにもかかわらずギャラは意外にもリーズナブルなのだという。
     「バラエティーは1本あたり最低50万円~。ゲストなら20万円~でOKになる場合もある。ドラマ&映画は1本80万円~。しかも潜在視聴率は6%台。自分の立ち位置に注文の多い渡部よりずっとオファーがある」(キー局プロデューサー)

     児嶋の時代が到来だ!

     http://wjn.jp/article/detail/7584263/

    【【芸能】今や、相方の渡部より上! 才能開花のアンジャッシュ・児島にオファー殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ