通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:キングコング

    1: ストラト ★ 2018/06/07(木) 17:08:23.65 ID:CAP_USER9.net
    お笑いコンビ・キングコングの西野亮広(37)が7日、自身のブログを更新。
    美術館建設で抱えた3億円もの借金を返済するため寄付を募ったことを謝罪し、振り込みをいったん中止したことを明かした。

    西野は「美術館建設の件でご迷惑とご心配をおかけしております。一部、誤解を招く表現や演出があった点、本当にごめんなさい。また、手法についても、こちらの非が多々あったことを認識しております」と記述。

    インターネットを通じて資金を調達するクラウドファンディングを準備していることを明かし、「その準備の中で、『(自分は年長者で)クラウドファンディングは難しくてよく分からないから、銀行に直接振り込みたい』という声が上がり、今回、振込口座を公開することとなりました」「番組上での演出部分もあり、これらの情報はのちのち番組内で毎週公開しようと考えておりました」と説明した。

    その上で「3億もの借金が可能とは思えない法人において、すでに借金の契約を結んだとも取れるような表現をして、寄付を募ったことは、誤解を大きく招いてしまい、また寄付をしてくれようとする方も不安に思わせてしまうやり方であったと深く反省しております」と謝罪。

    「詐欺の意図は一切ございませんが、そう思われても仕方ないやり方をしてしまいました」とし、「僕の軽率な行動により、美術館建設を応援してくださる方までもが非難されてしまう状況だけは避けたいので、寄付に関しては一旦ストップして、一度仕切り直させてください」とつづった。
    また返金希望者に向けてメールアドレスを記し「できる限り迅速に対応させていただきます。お手数おかけして申し訳ございません」とした。

    西野は4日のブログで「えんとつ町のプペル美術館」建設のため「3億円の借金を抱えた」と告白。
    募金用の銀行口座を記して寄付を募っていたが、ネット上で賛否両論が巻き起こっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000102-sph-ent



    3
    : 名無しさん@恐縮です 2018/06/07(木) 17:08:57.75 ID:i+M+p5tk0.net

    ケイスケホンダみたいなことしてんじゃねえよ

    【【詐欺】キングコング西野亮廣寄付金募集詐欺で大炎上】の続きを読む

    1: muffin ★
     絵本作家としても活躍するキングコングの西野亮広(37)が、美術館建設のため抱えたという借金3億円の返済に向け寄付金を募った。

     西野は4日、「【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える」のタイトルでブログを更新。「オンラインサロンメンバーと話が盛り上がってしまい、『えんとつ町のプペル美術館』を地元・川西に作ることになったのだ」と、従来の美術館とは異なるテーマパーク的な要素を詰め込んだ体験型の美術館を建設する計画が持ち上がっていることを報告し、その費用のため「今現在まるで貯金がないのに、3億円の借金を抱えた」と明かした。

    anishino1_zpsade68c9f

     その上で「キミはどうするつもりだ? このまま僕を見殺しにするのか? それとも、僕を助けるのか?」と問い掛けた西野。募金用の銀行口座を示して「キングコング西野は今、死にかけている。これまでどおり生きていれば抱えなくてもよかったハズの借金3億円をノリで抱えてしまい、あらゆる関節が震え、激しい下痢に襲われている」と訴えた。

     西野は4日に行われた「SHOWROOM」の新番組発表会で、自身の借金を返済する企画をぶち上げたが、「借金返済が番組の企画になっているがガチ自腹だからな。3億円の『ゴチになります』だ」と強調。「たった100円で救える命がある。300万人が100円ずつ募金すればいいのだ。とりあえず、このブログは絶対にシェアしろや」「死ぬぞマジで! なんとかしろや!!」と上から目線で哀願した。

    DchHIggVwAIMzNC

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806050000419.html 
    2018年6月5日13時9分 

    31: 名無しさん@恐縮です
    >>1
    ちょっと意味わかんない(´・ω・`)

    【【借金3億円】キンコン西野「キミはどうするつもりだ?このまま僕を見殺しにするのか?それとも、僕を助けるのか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ