1: 通りすがりのアノニマス 2015/10/13(火) 16:46:41.29 ID:hKF9++jW0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
年間1億本が製造される伊藤ハム(本社・兵庫県西宮市)の「ポールウインナー」。オレンジ色のフィルムに包まれた外見は魚肉ソーセージに似ていますが、
豚肉・マトン・牛肉を使ったウインナーです。これだけ製造されているのに、全体販売金額の93%が近畿2府4県に集中しています。なぜ関西以外では普及しないのか? 伊藤ハムに聞きました。

【写真特集】クリスマスツリーになったり稲荷になったり……ポールウインナーのこんな使い方

ポールウインナー

「冷蔵庫に必ずストックしてました」
 「冷蔵庫に必ずストックしてましたよ。斜めに薄くスライスして炒めたり、そのままおやつとして食べたり。親父は酒のつまみにしてましたね。私、大学で東京に来てから
食べてません。こっちは無いもんだとおもって諦めてました」

 関東で働く関西人が、そんな思いをめぐらすポールウインナー。伊藤ハムは「みんなの目撃情報 ポールウインナーみーつけた!」というサイトを作っています。

 ページ内には大きく地図が埋め込まれていて、目撃情報を書き込んだり、閲覧したりできるようになっています。「東京に来てから買えなくなった」。そんな関西出身者にとってはたまらないサイトです。

 伊藤ハムの広報担当者はこう話します。

 「京阪神エリアでの販売が全体の90%以上を占めているため、お客様にポールウインナーをより身近に感じていただき、愛着を深めていただくきっかけになれば、という狙いがあります」

http://news.livedoor.com/article/detail/10699067/

【関西人「東京にはポールウインナーが無い?」 ⇒ 懐かしい これまだ売ってたんか】の続きを読む