通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:両親

    1: 通りすがりの名無し
    うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。
    35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、自分の部屋でゲームしてAV見て
    PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、なんかいろいろ課金して生きてた。
    叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、いっさい叱らなかった。
    叩きだせと言われても「でもかわいそう」
    働かせろと言われても「無理したら長続きしないし」
    寮つきの工場にぶち込めと言われても「あの子は温室育ちだから。病気になっちゃう」 
    とグダグダ。
    叔父がけっこう稼ぎがあったのが災いして、ずっと家で飼育し続けてきた。


    【【驚愕】35年引きこもりニートを続けていた男の両親が亡くなった結果】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US]
     新潟市内で20日未明、前橋市出身で新潟大医学部5年、土屋みくさん(25)が車にひき逃げされ亡くなる事故があった。医師を目指し、故郷を離れて勉学に打ち込んでいたというみくさん。
    父の秀明さん(58)と母のまやさん(53)が25日、前橋市内の自宅で上毛新聞の取材に応じ、「素直で努力家の娘だった。まだ事実を受け入れられない」と声を絞り出した。

    ◎両親「受け入れられず」 容疑者は一部否認

     事故は20日午前4時すぎ、新潟市中央区の市道で起きた。住宅街を歩いていたみくさんが乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
    新潟県警は同日、みくさんをはねて、そのまま逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで同市の会社員の男(52)を逮捕した。

     両親が事故を知ったのは、同日午前5時45分ごろ。自宅にかかってきた電話で、警察官の声色から嫌な予感がしたという。急いで新潟市へ向かう新幹線の中で、みくさんが亡くなったことを伝えられた。
    病院でみくさんの姿を目にしたまやさんは「きれいな顔で、名前を呼んだら今にも返事をしそうだった。それでも、体のどこを触っても冷たかった」と声を詰まらせた。

     みくさんについて、まやさんは「素直で努力家。私たちが『勉強しなさい』と言う前に、自分から机に向かっていた」と振り返る。
    特に数学と英語が得意で、前橋女子高から新潟大医学部に進んだ。憧れだった医学の道で学びながら、「やっぱり私の家は群馬だから」と、将来は県内に戻って医師として働く夢を描いていたという。
    最愛の娘を突然奪われた事故から5日。逮捕された男は「人とぶつかった認識はなかった」などとして、容疑を一部否認しているという。
    秀明さんは「娘が最期、人ではなく物として扱われて亡くなったと思うと苦しい。犯人を絶対に許せない」と力を込めた。

    1719629c-s

    「地元で医師」夢断たれる 前橋出身の新潟大生 ひき逃げで犠牲に 両親「絶対に許せない」 
    5/26(土) 6:06配信 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00010001-jomo-l10 

    【【新潟女子医大生死亡事故】ひき逃げ犯「物だと思った」両親「娘を物扱いされた絶許」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん
    もうワイは人並みかそれ以下なんや・・・

    20160531235759

    2: 名無しさん@おーぷん
    やめてクレメンス・・・
    そんな目でワイを見ないでくれや・・・

    5: 名無しさん@おーぷん
    蛙の子は蛙なのにな

    【かつての神童ワイ、両親からの期待が重すぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ