通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:働きたくないでござる

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん 投稿日:2016/01/05(火) 23:33:14.51 ID:I+oZdk4m0.n
    若者の3割が「できれば働きたくない」と考えていることが電通の仕事に関する意識調査で分かった。7割が働く目的を
    「安定した収入のため」と答えており、仕事を生活のためと割り切る傾向が鮮明になっている。

    週3日以上働いている18~29歳の男女計3000人を対象に、今年3月にインターネットで調査した。「働くのは当たり前」
    という回答が39%だったのに対して、「できれば働きたくない」も29%に達した。

    45007_original

    働く目的を複数回答で聞いたところ、「安定した収入のため」が69%で最も多く、「生きがいを得るため」は13%にとどまった。
    電通は「老後に不安を抱える若者が増えていることが背景にある」と分析する。

    仕事の選び方についても「できるだけ安定した会社で働きたい」が37%で、「できるだけお金を稼げる仕事・会社を選びたい」の24%を上回った。
    一方で、「1つの企業でずっと働いていたい」は17%にとどまった。安定志向はあるものの会社に固執しない仕事観が浮かび上がる。

    働くうえでの不満は「給料やボーナスが低い」が50%で最も多く、「有給休暇が取りづらい」(24%)、「仕事がマンネリ化している」(18%)が続いた。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90471720S5A810C1TI5000/

    2: 通りすがりの名無しさん 投稿日:2016/01/05(火) 23:33:41.89 ID:29PkS6iD0.n
    10割じゃないのかよ

    7: 通りすがりの名無しさん 投稿日:2016/01/05(火) 23:37:22.10 ID:KwRb6MXu0.n
    リクナビとマイナビと電通のタッグ

    【若者の3割 「できれば働きたくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:通りすがりのアノニマス

    ニートや無職、ひきこもりが就職出来ない理由は「行政の運用ルール」のせい?
    ニートと社会


    ニートから抜け出せないなど就職が難しい状況に陥(おちい)った若者を支援するために、厚生労働省が2007年からスタートさせた「地域若者サポートステーション事業(サポステ)」。 

    だが、その実績を見ると、残念ながら結果が出ているとは言い難い。なぜ成果を挙げられないのか?その原因のひとつは、厚労省がサポステの委託事業者に課している“運用ルール”にある。 

    まず、サポステでは、15歳から39歳までの「就職困難な状況にある若者」に、 キャリアコンサルタントによる相談や、コミュニケーションスキルを向上させるためのトレーニング、職場体験などを受けさせる。問題はその先だ。関西地方でサポステを運営するNPO法人の代表者A氏がこうボヤく。 

    「サポステで訓練を受けた若者は、最終的には『ハローワークにリファー(誘導)しなさい』と厚労省から指示を受けています。しかし、ハローワークは、基本的には自立した求職者に仕事を斡旋する機関。そこに、ニート歴があり、職歴にブランクがある若者を誘導したところで、みんな書類選考で振るい落とされてしまうんです。 

    そうなると、彼らはサポステに通ってせっかく自信を取り戻したのに、『やっぱり自分は何をやってもダメなんだ』という思いに駆られ、いつまでたってもニートから抜け出せない状況に追い込まれてしまうのです」 

    ニート サポートステーション


    つまり、職業紹介という“ニート支援のゴール”の段階で、そのルートが“ハローワーク一本”に絞られていることが、サポステの就職実績が低迷している原因なのだ。 

    はたして厚労省は、ニートの就職難を本気で改善しようと思っているのだろうか。 

    http://www.newsch.info/archives/7868246.html
    【【働いたら負け】ニートが就職出来ない本当の理由www サポステこと地域若者サポートステーションで訓練を受けてもダメ】の続きを読む

    このページのトップヘ