通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:勝ち組

    Fotolia_39422337_XS


    1: 名無しさん@涙目です。 2018/06/06(水) 11:49:41.14 ID:cIPvoyJR0.net

    職場の男性と“男女の関係”になった経験を持つ女性はなんと8割!その人との気になる関係性は?

    職場は仕事をする場所ですが、社内の人と恋愛関係になるのは珍しいことではありません。
    ちなみに厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が行なっている「出生動向基本調査(2015年)」によると、日本人夫婦が出合ったキッカケとして「職場や仕事で」と答えた割合は28.1%。この数字は「友人・兄弟姉妹を通じて」に続いて2番目に多いそうです。
    やはり職場というのは男女の出会いの場となっている部分は否定できません。

    ■「付き合っていないけど身体の関係を持った」はもはや普通?

    婚活・恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』では、職場の人と「身体の関係になった経験」というセンシティブなアンケート調査を行なっています。
    恋愛のセオリーとしては一応、恋人関係になったら身体の関係へと進んでいくもの。
    ただ現実問題として、その順序が逆になったり、さらには「身体の関係」だけで先に進まないこともあるでしょう。
    職場においてその関係性の実情はどうなっているのでしょうか?気になる調査結果は以下の通りとなりました。

    「身体の関係をもったことがない」が一番少ない結果に……。
    1528386372


    有効回答数1162人のうち、「付き合って身体の関係を持った」「付き合っていないけど身体の関係を持った」人の合計は903人。
    つまり77.7%が「身体の関係を持った」ことが判明したのです。
    しかも「付き合っていないけど身体の関係を持った」人(529人)のほうが、「付き合って身体の関係を持った」人(374人)よりもかなり多いという結果は、一体どのように解釈すればいいのでしょうか?
    今の世の中、恋人関係から身体の関係へと発展するセオリーは、崩壊しつつあるのかもしれません。

    【調査概要】
    調査主体:愛カツ(https://aikatu.jp/)
    調査期間:2018年5月4日より5月30日(身体の関係)
    2018年5月13日より5月30日(経験人数)
    調査人数:1162人(身体の関係)、914人(経験人数)

    https://suits-woman.jp/kenjitsunews/79011/
    3: 名無しさん@涙目です。 2018/06/06(水) 11:51:03.10 ID:vKIjYZta0.net
    なんだよそのふざけた調査サイトは

    【【衝撃】OLの77%がとかマジかよ・・・】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し
    「オレが伝えたいのはね、草食系男子が増えたら日本という国がダメになる」と一刀両断。
    「だって、草食系アイドルなんて絶対成功しないもん。もっとガツガツいかないと、いろんなことに対して」と語気を強めた。

    「人生で1回も草食系になったことねえから」と言う手越に、小山も「だろうな」「オレと手越も草食系じゃないからなあ」と同意。
    すると手越は「売れてる奴で草食系いる?いねえだろ?
    モテたいしガツガツしてるから仕事も思いっきりできるし、仕事に貪欲にガツガツいけるし、体もガツガツ鍛えられるし」
    「周りで成功している社会人で、草食系のやつ見たことないよ」と持論を熱く語っていた。

    hqdefault

    http://www.cyzowoman.com/2018/05/post_183322_1.html

    【【正論】NEWS手越祐也「成功している社会人で草食系は見たことない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CA]
    ワシントンポスト紙の新たな報道によると、トランプ大統領は郵政公社(USPS)のトップMegan Brennanに、アマゾンや他の企業の商品の配送料を上げるよう、個人的に圧力を加えた。
    ネタ元は匿名だが、これまでのところ郵政公社の総裁はトランプ大統領の圧力に抵抗しているという。
    もし値上げが実施されると、オンライン小売やその他の企業にとって何十億ドルもの負担増になる。
    ご存知の通り、いつからかアマゾンはトランプ大統領の攻撃の的となっている。
    3月下旬、大統領は自身のツイッターに「郵政公社に“何十億ドル”も負担させているのは“詐欺”だ」
    「もし郵便局が配送料を上げれば、アマゾンの送料負担は26億ドルに増える。この郵政詐欺をやめさせなければならない。アマゾンは本当のコストを(税金も)今すぐ払え!」と書き込んだ。
    Brennanは、アマゾンのような企業との契約は郵政事業にとっていいものではない、という考えに反対の姿勢をとっているとされる。
    トランプ大統領とのミーティングで、アマゾンとの契約のメリットについて証拠を示し、また複数年にわたる契約を反故にするのは簡単ではないことも指摘している。
    トランプのアマゾン攻撃は明らかに個人的な要素を含んでいる。
    何回にもわたって、少なくとも3月下旬に大統領がアマゾンとそのオーナーであるジェフ・ベゾスをツイッターで攻撃したことについての要約はこちらにうまくまとめられている。
    大統領のアマゾン批判は実際には2015年ごろに始まっている。ベゾスはワシントンポスト紙のオーナーでもあり、トランプは同紙の報道を事あるごとに“フェイクニュース”と声を大にして批判している。
    郵政公社がアマゾンとの契約の料金体系について具体的に明らかにしていないのも、この問題を不透明なものにしている。
    公表していないのは、競合他社に“不当なアドバンテージ”を与える恐れがあるからだ。
    しかしながら、郵政事業が2017年に27億円の損失を出したという事実はあるものの、郵政公社はアマゾンとの契約で収益をあげているとも主張している。

    【トランプ】アマゾンの配送料倍に値上げしたれや

    https://jp.techcrunch.com/2018/05/20/2018-05-18-trump-reportedly-pushed-usps-to-double-amazons-shipping-rates/

    【【トランプ】Amazonの配送料値上げしたれや】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無し
    新卒3年目
    辞めた同期は半年でやめてった
    色々おかしい奴だったから聞いて欲しい
    8f6bdc03824ea10b4231aa5b69158329



    2: 通りすがりの名無し
    よいぞ

    3: 通りすがりの名無し
    ぶっちゃけ言うと職場の愚痴とかじゃなくて単純に同期が
    今思えばおかしい奴だったから聞いて欲しい

    【辞めた同期が羨ましすぎるから聞いてくれ】の続きを読む

    このページのトップヘ