通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:問題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/06/17(日) 07:51:24.27 ID:CAP_USER9.net
    現地時間6月16日、ロシア・ワールドカップは3日目を迎え、首都モスクワで行なわれたアルゼンチン対アイスランドの一戦は、1‐1のドローに終わった。
     
     8割近いポゼッション率をマークし、総数27本のシュートを浴びせるなど、攻めに攻めたアルゼンチンと、ゴール前に10人の分厚い壁を作って最後まで守りに徹したアイスランドの攻防戦は、スタンドで戦況を見守った観客たちの興奮を誘った。
     
     アルゼンチンの言わずと知れたレジェンドであるディエゴ・マラドーナも、そのうちの一人だった。真っ赤なサングランスに、両手に時計というド派手な格好でVIP席に居座り、試合前からスタンドに大挙したアルゼンチン・サポーターを煽るなど、存在感の高さを伺わせると、ついにはタブーも犯す。

     試合会場となったスパルタク・スタジアムは禁煙で巨大ビジョンには「禁煙マーク」が掲示されていたにも関わらず、マラドーナは堂々と葉巻を燻らせて、ご満悦な表情を浮かべていたのだ。
     
     もちろん禁煙となっている場での喫煙はあるまじき行為である。だが、多少のワガママが押し通り、特別扱いを受けられるあたりにサッカー界の“神”たる所以を感じられ、そこまでは許容範囲であった。しかし、試合中にはまずい振る舞いもあった。

     スタンドで取材を行なっていたという英国営放送『BBC』のジャック・オアトリーさんによれば、マラドーナはスタンドに居合わせた韓国人のファンが「ディエゴ!」と声援をおくったのに対して、アジア人軽視と取られる吊り目のジェスチャーをやったというのだ。

     その瞬間を目撃したオアトリーさんは、「彼は目を横に吊り上げる明らかな人種差別行為をやったのよ。それを見た人たちは私を含めて愕然としたわ」と自身のツイッターを通じて報告している。

     アイスランドの堅固な守備に手を焼き、決定打に欠けた後輩たちのパフォーマンスにフラストレーションを溜めていたとはいえ、この行為が事実だとするならば、“神”といえども許されることではない。

    サッカーダイジェスト6/17(日) 7:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00042274-sdigestw-socc

    写真
    20180617-00042274-sdigestw-000-7-view
    3: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 07:52:10.34 ID:FTABm/VI0.net
    サングラスしとるやんけ
    【【マラドーナ】明らかな人種差別!アジア人軽視の吊り目ジェスチャーで問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 通りすがりの名無しさん
     平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、
    東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー
    「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。
    CSテレ朝チャンネルで生中継された。

     羽生自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。
    羽生自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、
    スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

     この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら
    魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。
    「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで
    会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!
    僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

    【激白】羽生結弦「週刊誌の問題があって何回も死のうと

     フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。
    「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、
    自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。
    本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000119-dal-spo
    客席に手を振る羽生結弦=13日、都内
    https://daily.c.yimg.jp/general/2018/04/15/Images/d_11166649.jpg
    羽生結弦=4月13日撮影
    https://daily.c.yimg.jp/general/2018/04/15/Images/d_11166639.jpg

    【【激白】羽生結弦「週刊誌の問題があって何回も死のうと、でも生きててよかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ