通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:年収


     大塚さん せんとくん




    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US]
    <人気低迷>せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

    奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」がライセンス料で稼ぐ年収が、全盛期の3%にまで激減している。
    誕生から10年を迎えて人気が低迷しているのが背景とみられ、商標権を管理する県は新たなデザインを投入し、
    てこ入れに躍起になっている。

    「せんとくん」は2008年に誕生し、10年の平城遷都1300年祭の公式キャラクターを務めた。鹿の角が生えた
    童子という奇抜なデザインに「かわいくない」との批判が出て、逆に全国的な人気に火が付いた。

    県は売り上げや製作費用の3%をライセンス料として納めることなどを条件に、商品やに利用することを
    認めており、遷都祭があった10年度には約4900万円の収入があった。イラストを使った商品は、クッキーや
    チョコレートをはじめとする土産品や、キーホルダーやストラップなどのグッズが多い。

    ところが祭りが終わって一段落した11年度は、699万円に激減。同年に県のキャラクターになったのを機に、
    県は12年度に、「官服」「桜」「紅葉」の3デザインを追加しててこ入れを図ったが、各地に次々と特徴的な
    ゆるキャラが誕生する中で存在感の低下は否めず、16年度は154万円にまで落ち込んだ。県は先月、
    さらに「はかま姿」を投入し、起死回生を狙う。

    一方で「せんとくん」には潜在的な根強い人気がある。日本リサーチセンターの全国キャラクター調査(17年10月)では、
    「せんとくん」の認知率は64%で、ご当地キャラクターとして「くまモン」や「ふなっしー」に次ぐ第3位の全国的な知名度を誇る。
    関西大学の宮本勝浩名誉教授は今年2月、「せんとくん」の誕生から10年で、奈良県内への観光客が増加するなどして
    表れた経済効果が2104億円、新規雇用が3万3150人との試算を公表している。今後、ライセンス収入を伸ばす
    余地はまだありそうだ。

    県はこれまで、「せんとくん」のライセンス収入を主に着ぐるみなどの「出張経費」に充ててきた。県の担当者は
    「せんとくんイコール奈良という認知度は上がっている。収入が増えれば出演も増える相乗効果がある」と期待を寄せる。【新宮達】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000017-mai-soci

    2012年のテコ入れで追加された衣装

    no title

    新コスチュームの官服衣装を着たせんとくん
    no title

    天平装束春バージョン
    no title

    天平装束秋バージョン

    上半身裸から官服姿に--「せんとくん」新コスチューム3種類を披露
    https://news.mynavi.jp/article/20120113-a123/
    3: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [BR]
    全盛期の3パーでも 
    氷河期42歳正社員の俺の二倍稼いでる

    【【悲報】せんとくんの現在の年収がヤバイ】の続きを読む


     imasia_12574493_M



    1: 風吹けば名無し
    夫の年収が500万円以下の女性、7割以上が不満 1500万円以上でも約3割は「給料が低い」
    18c41209
    2: 風吹けば名無し
    400万なのに嫁にめっちゃ感謝されるワイ、高見の見物

    【【悲報】夫「年収1500万稼いだぞ」妻「低い!!!」】の続きを読む

    1: シャチ ★
    一部メディア「終焉説」の真偽
     ふなっしーは消えた。ふなっしーは終わった。もう誰も、ふなっしーのことなど興味がない……。こんな記事が、ネット上で散見される。リアリティを感じる人も、少なくないのだろう。

     ***

     例えばニフティニュースには「『ゆるキャラグランプリ』終了予定と判明 ふなっしーは凋落、勝ち組はくまモンだけ?」(2017年11月30日)という記事を掲載している。配信元は「アサ芸プラス」だ。

     記事では「非公認とはいえ、年収7億円ともいわれた“ふなっしー”の凋落が象徴するように、ゆるキャラは完全に飽きられました」と断言。
    「国民も『ゆるキャラは“くまモン”だけでいいのでは?』という気持ちになったことは否めません」という“エンタメ誌ライター”の指摘も紹介している。

     他にも「ブーム終焉!? ふなっしー、芸能界で逆風? 不義理なフジテレビに梨友激怒」(ミステリーニュースステーションATLAS:2017年8月3日)という記事も、検索上位に表示される。

     こちらも「ギャラが獲れるタレントまで昇華したゆるキャラもいた。それが、『ふなっしー』や『ちいさいおっさん』であった。
    /彼らはトーク力に長けており、一躍スターダムにのし上がったが、最近ではその露出は激減している。もはや旬は過ぎたということであろうか・・・?」と、
    やはり“ふなっしー終焉説”を展開している。

    仕事を選ぶようになったふなっしー
     実は共に、根拠に乏しい記事なのだが、それでも読まれているのは、読者が「そういえば最近、ふなっしーをテレビで見てないよなあ」と、
    心の中で補足してくれるからだろう。

     だが、これに真っ向から反論するのがテレビ局の関係者だ。「ふなっしーは営業で死ぬほど稼いでます。めちゃくちゃ売れっ子ですよ」と解説する。

    「確かにテレビの出演は少なくなりました。これには複合的な理由があります。何しろ、CM、アニメ、テレビドラマ、映画、舞台、
    ゲーム、コミック、小説、絵本と、1人メディアミックスといった具合の人気者ですから、どんどんギャラが跳ね上がっていったんです。
    テレビ局側としては『高額の出演費を出すのだから、元が取れるほどのインパクトがある映像を撮りたい』と考えます。その代表例が、
    日本テレビ系列の『うわっ! ダマされた大賞』でしょう。13年の10月に放送された番組では、ふなっしーに対して爆破ドッキリが仕掛けられました」

     違法にアップロードされた動画も閲覧できるが、確かに馬鹿馬鹿しい内容だ。次第に、ふなっしーは「仕事を選ぶ」ようになっていく。
    本人は否定したとはいえ、何しろ年収7億円とも噂される売れっ子だ。さらに「中の人」は“本業”でも依然として稼いでいるという観測も根強い。
    「別に土下座してでもテレビに出たいわけではない」と考えたとしても不思議はないだろう。(以下ソースで)

    テレビから消えた「ふなっしー」の現在の姿


    【【芸能】テレビから消えた「ふなっしー」の現在の姿がこちらwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し
    結婚と婚活に関するアンケート2018(結婚相談所サンマリエ調べ)
    http://www.konkatsu52.com/ank/006/
    no title


    女性では『400万円』という回答が1位。昨年の『500万円』・『600万円』同数1位に比べて年収の希望が下がっています。
    女性の社会進出が進んでいることから、相手に求める年収の差が年々縮まっていることがわかります。

    【【悲報】男に期待する年収下がりまくる】の続きを読む

    このページのトップヘ