1: 通りすがりの名無しさん 2016/02/01(月) 07:24:35.45 ID:CAP_USER*.net
 2016年の芸能界は年初から揺れに揺れている。「中でも、ベッキーのスキャンダルとSMAP解散騒動は連日、トップニュースで伝えられ、ワイドショーの視聴率は“ストップ高状態”です」(テレビ誌記者) だが実は、これら2つの大事件の陰で、各局は4月の番組改編へ向けて、問題が山積だという。「特に、視聴率低迷が深刻なフジテレビは大混乱。4月に、大きく番組編成を変えることが決まっており、その準備や調整で局内はドタバタです」(放送作家)

 小堺一機の『ごきげんよう』が24年の歴史に終止符が打たれる他、その後の時間帯の昼ドラも、52年の歴史に幕が下ろされることが決まっているが、「各々の枠は現在放送中の『バイキング』を30分延ばし、『直撃LIVEグッディ!』を30分早めて開始する」(前同)ことで対応を図るようだが、打ち切りは他にもあるという。「昨春に金曜から火曜に引っ越しをした『ペケポンプラス』、くりぃむしちゅー・有田哲平が司会の『全力!脱力タイムズ』、有吉弘行の『有吉のニッポン元気プロジェクト おーい、ひろいき村』も3月打ち切りで調整に入っています。特に、他局では好調な有吉の番組を、低視聴率が原因で打ち切らざるをえないフジの病巣は根深いですね」(同)

 日本テレビは、『ネプ&イモトの世界番付』の終了が決まったというが、雲行きが怪しいのは、朝の情報番組『スッキリ!』だ。「昨年3月、上重聡アナの利益供与疑惑が報じられて以来、視聴率は下降線をたどっていて、先日、ついに番組の総合演出の首がすげ替えられたんです。上重の電撃解任も十分にありえます」(制作会社関係者) テレビ朝日では、『ロンドンハーツ』の、火曜から金曜への“異動”が決まっているという。「相変わらず“子どもに見せたくない番組”のトップですし、これで結果が出なれば、半年後には打ち切りでしょうね」(芸能記者)

 

 そんな改編の最中にベッキ
ー、SMAPと大事件が続けて起きたのだから、各局の現場が混乱をきたすのも無理はない。前出の制作会社関係者は、こう話す。「不貞疑惑のベッキーに対する苦情が殺到し、スタジオのベッキーをなるべく映さないようにと、各局は収録済み映像の再編集を余儀なくされました」 1月21日発売の『週刊文春』では、謝罪会見の前日に相手とやりとりした<センテンススプリング!(注・文春の直訳と思われる)>と反省ゼロのLINEをバラされてしまった。「正直言って、番組スポンサーに“切って”と言われれば守り切れない。ただ、辞めさせたとなると、今度は局のイメージが悪くなるので、ベッキーに、“自主的に休養”してもらえるように……という話が出ています」(キー局関係者) その後、28日に所属事務所はテレビ各局にベッキーの休業を申し入れた。


日刊大衆 2016/2/1 07:00
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160201-81327983-taishu

>>2 以降へ続きます。

3: 通りすがりの名無しさん 2016/02/01(月) 07:32:29.36 ID:uy3ToFDlO.net
今年の紅白の司会は中居とベッキー

【ベッキー&スマップ騒動で大幅見直し? テレビ局「春の番組改編」激ヤバ情報】の続きを読む