67c7f6ca-s

1:通りすがりのアノニマス
25日 あさイチに栗原類が出演。

栗原類が米国で暮らしていた子供の頃、発達障害の診断を受けたことをカミングアウトした。
栗原は大きい声が苦手で歌の時間に教室を出たら、歌を楽しむことのできない子とみなされたなど辛かった子供時代を赤裸々に告白。

アメリカでは耐えられた音楽の時間が日本では苦痛だったという。
栗原類は「アメリカの小学校では音程を正しく歌うように教えるが、日本の小学校では外れていても構わずがなるように大声で歌っていた。耐えられず教室から逃げ出してしまった。先生に言うと『元気良く歌う子供を批判するのか』今でも大きな音が苦手」

日本では音程じゃなく「元気があればOK」という唄い方が優先されるので、発達障害には苦痛でしかなかったようだ。


番組内容
夫の発達障害 NHK総合・東京(あさイチ) 夫の発達障害に悩む女性が急増。栗原類は米国で生活していた頃ADD(注意欠陥障害)と診断された。夫がASD(自閉症スペクトラム障害)の女性を取材。

【【悲報】栗原類がASD・発達障害だったとあさイチで告白(画像)】の続きを読む