通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:目撃ドキュン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/25(金) 09:00:51.77 ID:OD6eff+I0 BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    伊集院光が「中二病」という言葉の使われ方について考案者としての心境語る

    伊集院光 中二病 深夜の馬鹿力

    23日放送の「100分 de 名著」(NHK Eテレ)で司会の伊集院光が、自身が考案した「中二病」という言葉の使われ方に、
    複雑な気持ちを吐露する一幕があった。

    スタジオでは、又吉が「斜陽」の登場人物・直治について語ると、伊集院も前回の放送を振り返り「直治は『中二病』だっていう話を、
    高橋さんがおっしゃったんですよ。ところが、高橋さん、知らなくておっしゃったんですけど、『中二病』って言葉を作ったの、僕なんです」と明かした。

    これに、又吉は「そうですよね」と答えると、伊集院は「中二病って言葉は今、人をバカにするように使われてるけど、
    僕(の使い方)はそうじゃないです」と、話を続けた。

    伊集院は「『オレはそう(中二病)なんだ!』っていう。で、『そのオレを笑ってください、みんなで笑いましょう』と思って作ったけど。
    人を揶揄する言葉としてだけ使われると、すごく僕、複雑になるんですね」と、実は自虐的な意味で使うための言葉だが、
    他人を批判するために使われてしまっていることに対して複雑な心境だと吐露したのだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10628391/





    3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/25(金) 09:04:03.18 ID:vUZVFgwY0
    言葉なんて独り歩きするのが当然なんだから
    いつまでも自分のものだと主張してんじゃねえよ
    おこがましいにもほどがあるわ



    【【伊集院光】「中二病」考案者として複雑な思い 自虐的に使う言葉であって人をDisる言葉ではない→「草食系って言葉を作った女性も同じコト言ってたよな」「深夜の馬鹿力は面白い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    【テレビ】11人家族の子供が揃いにそろってキラキラネーム 輝弥虎進(きゅとらしん)龍輝虎進(りゅきとしん)

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431641411/

    1:
    5月14日に放送された『あのニュースで得する人損する人 夏までにヤセるぞ!ダイエットしたい人たち救済SP』にて大家族が紹介された。 その家族は子供が9人おり6男3女。 

    そんな兄妹の名前が揃いに揃ってキラキラネームと話題になっている。 

    17e8bebd-9e19-4164-8144-e9ef18effe97

    ネットではこういう名前のことをDQN(ドキュン)ネームというが、マスコミではキラキラネームと名称統一してる。 
    819a3137

    長男の龍進(りゅうしん)はまだマシなほうで、三男は輝弥虎進(きゅとらしん)、四男は龍輝虎進(りゅきとしん)、女の子は美夢蘭(びじゅら)に、香愛蘭(きゅあら)と名付けられている。男の子は最後に「進」が付き、女の子は最後に「蘭」が付くようだ。 

    大家族玉城家-1
    大家族玉城家-3
    大家族玉城家-4
    大家族玉城家-8
    大家族玉城家-9
    大家族玉城家-10

    大家族玉城家-2
    大家族玉城家-5
    大家族玉城家-6

    家庭もさぞしっちゃかめっちゃかなんだろうなと思いきや、実にしっかりした家庭。 

    食事が終わったら自分の食器は流しまで持って行き自分で洗う。 赤ちゃんの面倒は子供が見る、子供達の面倒はその上の子供がしつけると教育されている。 


    長男の龍進くんが父親の代わりに注意したりして場を仕切っているようだ。 

    龍進くんは現在高校1年生なのにかなりしっかりもの。「これ以上やると父親が怒るぞ」と思わせるためにあえて長男が注意しているという。 

    2歳の子が洗濯、6歳がオムツ替えと驚きの家族であるが、1回の買い物が2万4000円というのも驚き(ちなみに3日分)。 

    本来この番組はダイエット企画だったが何故か大家族紹介に……。 

    http://dmm-news.com/article/966746/ 
    ゴゴ通信 2015.05.15 03:18
    DQNネーム(ドキュンネーム)は「戸籍上の人名」(本名)として、一般常識に著しく反する(とされる)「珍しい名前」に対し、蔑視的に用いられるインターネットスラング。2000年代以降に急増したといわれている。
    2e396ba568ec086cbfc

    常識的に考えがたいとされる名前や、一部の当て字など非常に読みづらい名前に対して用いられる、日本語のインターネットスラング・蔑称・誹謗中傷の一つDQN(ドキュン)の派生語であり、「本名」と異なる「変名」(「ペンネーム」「芸名」など)は、通常DQNネームに含まれない

    wiki
    【全員DQNネームの11人沖縄大家族がヤバすぎるwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ