通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで

    タグ:逮捕


    maxresdefault



    1: 膝靭帯固め(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 

    ジョージア州で他人の家に全○で侵入し、水浸しにし、 
     そしてクローゼットの中に隠れていた女が逮捕されました。 

    家主の女性が帰宅した時、家の中が水浸しにされていたそうです。 
     すぐに警察官が駆けつけましたが、そこで更に驚くことが起こります。 
     クローゼットの中に女がいたのです。全裸で。 

    警察によれば女は7マイル離れた場所に住んでいるスザンヌ・フセイン容疑者だったとのことです。 

    家の損害額については明らかにされていませんが、 
     「広範囲の損害を受けている」そうです。 

    女は強盗、器物破損などの容疑で起訴されました。 


    スザンヌ容疑者 


    【悲報】スザンヌ逮捕wwwww

    http://www.huffingtonpost.com/2014/06/17/suzanne-hussain_n_5505188.html?utm_hp_ref=weird-news

    3: トペ スイシーダ(大阪府)@\(^o^)/

     アメリカってコワすぎw


    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403138051/
    【スザンヌ逮捕wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/03/01(火) 15:05:33.66 ID:KJ/2/MUc0●.net BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
    2月29日に放送された『緊急!TV公開大捜査 特捜事件ファイル2016(TBS系)』で番組冒頭で
    大田区のオレオレ詐欺を扱った。容疑者は息子を装い89歳の男性に電話をかけ「電車の中でカバンをとられ、
    現金300万円が入っていた」と偽り89歳男性から150万円をだまし取った。

    この容疑者の特徴は20代くらいで、身長は165センチくらい、中肉で黒髪短髪、推定童貞(編集部予想)というもの。
    顔写真と映像も公開された。

    番組中盤にこの容疑者を目撃したという情報が寄せられ「都営住宅に廊下をウロウロしていた男に似ている」
    「ショルダーバッグを持参していた」「息子が似た男に声をかけられた」という証言が得られた。

    そんな中この容疑者逮捕に決定的だったのがこの容疑者の母親が「息子に似ている」として警察に通報。
    これが切っ掛けで逮捕された。蒲田警察は容疑者が成人していると推定して映像にボカシを入れずに公開したが、
    実際は高校1年生で16歳だった。

    容疑者は昨年夏にアルバイト中に知らない客から「良いバイトがある」と誘われたとしている。

    http://gogotsu.com/archives/16167
    no title

    【オレオレ詐欺容疑者の顔を公開 → 母親が通報し無事逮捕】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/02/29(月) 08:51:10.66 ID:ET/M5UwD0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
     福岡県警粕屋署は28日、飲食店で起きたトラブルで駆け付けた警察官に暴行したとして、 公務執行妨害の疑いで、自称アルバイト王忠海容疑者(48)=福岡市博多区=を現行犯逮捕した。

    中国人ツアー客が食べ放題の店に行った結果wwwwww

     署によると、王容疑者は添乗員として中国人のツアー客約30人を福岡県志免町の飲食店に案内し、 食べ放題・飲み放題のコースを注文。制限時間が過ぎても注文を続けて、これに応じない店員ともめ、 店が110番した。

     逮捕容疑は、28日午後8時10分ごろ、店の駐車場で署員2人の顔を殴ったり、 腕にかみついたりした疑い。「やっていない」と否認している。

    http://www.sankei.com/west/news/160229/wst1602290016-n1.html
    112: 通りすがりの名無しさん 2016/02/29(月) 10:00:04.08 ID:SyAqTu6E0.net
    残すのが礼儀な中国人に、日本の食べ放題は相性悪いだろ

    【【チャイナリスク】中国人ツアー客が食べ放題の店に行った結果wwwwwwww】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 22:33:41.90 ID:CAP_USER*.net
    タレントのビートたけし(69)が13日放送のTBS系
    「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)で憤りを口にした。

     この日、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(79)が宮崎キャンプを視察。覚せい剤所持容疑で
    清原和博容疑者(48)が逮捕されたことについてコメントを求められたことに、たけしは
    「そういうバカなこと聞くなよ、長嶋さんに。ねぇ…ふざけやがって」とポツリ。

    長嶋名誉監督はノーコメントだったが、清原容疑者の巨人入りを勧誘した当時の監督。
    先月行われた名球会イベントでも、清原容疑者を激励するなど気にかけていた。

     熱心なプロ野球ファンとして知られるたけしだけに、
    長嶋名誉監督の心中を慮ってのコメントだったようだ。

    234022ce

    スポニチ 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000149-spnannex-base 
     

    6: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 22:35:49.05 ID:xCMpkLvW0.net
    一番に聞くべき人物じゃね?

    10: 通りすがりの名無しさん 2016/02/13(土) 22:36:29.82 ID:1e/zblWb0.net
    え?
    当時監督だったよねw

    【ビートたけし激怒!!】の続きを読む

    1: 通りすがりの名無しさん 2016/02/14(日) 09:08:45.55 ID:CAP_USER*.net
    ◆清原容疑者と“悪い仲間”報道 長渕剛が騒動飛び火に大激怒

    清原和博容疑者(48)は覚醒剤を入手した状況について供述を始めているという。

    警視庁は入手ルートや関係先もあぶり出す予定だが、にわかに身辺が慌ただしくなってきたのが、
    清原容疑者が“アニキ”と慕っていた長渕剛(59)だ。

    今週発売の週刊新潮(2月18日号)は関係者の話として、〈清原が長渕のために覚醒剤の調達を担っていた〉
    〈清原の薬物疑惑報道後、長渕が清原に縁切り宣言〉〈清原は「アノ野郎は絶対に許せねえ」と口にするようになった〉などと報じている。

    清原容疑者の引退セレモニーには長渕本人が駆けつけ、代表曲「とんぼ」を延々と熱唱するなど2人の“蜜月”はよく知られていたが、
    記事が事実であれば、大変なことだ。本紙は長渕に直接話を聞くため、都内の自宅に向かった。

    長渕の家は世田谷区の高級住宅地にありながら、敷地面積はナント、698平方メートルの広さを誇る大豪邸。
    絵に描いたような“白亜の御殿”のチャイムを鳴らすと、清掃員と名乗る50代ほどの女性が出てきた。

    女性はフィリピン人だといい、日本語はできないそうだ。
    拙い英語で質問しても、「ナガブチ カムバック トゥーレート」「オフィス プリーズ」と繰り返すのみ。
    清原容疑者の名前を出したが、知らない様子だった。

    近隣住民にも聞くと、「5、6年ほど前は清原さんがお子さんを連れてきているのをよく見かけました。
    最近はほとんど見なくなった」と話した。

    ◇所属事務所は法的措置も検討

    しばらく長渕邸の前で待つと、ガレージからジープを出庫する好青年が現れた。
    直撃すると、「自分は事務所の人間ではなく、一般人です。
    名刺をもらえれば、本人に直接渡し、連絡させます」と言われたため、名刺を差し出した。

    連絡を待つこと数時間。本人ではなく、長渕の所属事務所の担当者から電話がかかってきた。

    「長渕は清原容疑者とは薬物疑惑報道より前から疎遠になっていると聞いています。
    新潮の報道は全くの事実無根です。昨年8月には富士山麓で“集大成ライブ”を行ったばかりなのに、巻き込まれて迷惑しています」

    いったん電話を切った後も再び担当者は連絡してきて、「、
    名誉毀損を含めた法的措置を検討しています。長渕本人も相当、激怒していますよ」と念を押すのだ。

    実は清原逮捕の翌3日に長渕は10万人を集めた富士山麓ライブアルバムを発売していた。
    かつての弟分の不始末と重なるバッドタイミング。確かにいい迷惑に違いない。

    写真:かつては蜜月の仲だったが…
    no title


    日刊ゲンダイ 2016年2月14日
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/175296

    【清原容疑者と覚醒剤仲間報道で長渕剛がヤバイ事に!!】の続きを読む

    このページのトップヘ