通りすがり速報

「これはヒドイ」から「これはすごい」まで まとめサイト

    タグ:W杯

    1: 風吹けば名無し 2018/06/15(金) 20:27:56.62 ID:D8qqVviC0.net
    サッカーW杯2018のニュース
    2018年06月15日 16:06

    サウジアラビアのスポーツ課トゥルキ・アリ・シャイフ課長は、
    昨日14日のサッカーW杯ロシア大会の開幕戦で惨敗したサウジアラビア代表チームの数名を罰することを明らかにした。

    スプートニク日本

    「我々は代表選手のために出来る限りをつくした。3年間にわたって彼らの出費をすべて支払い、彼らのために最良の監督団、世界レベルの監督を雇った。
    ところが彼らは要求されたことのわずか5%さえも遂行しなかった。」リアノーボスチ通信がスポーツ課課長の声明を引用して報じた。

    トゥルキ・アリ・シャイフ・スポーツ課課長は、サウジアラビア王子とファンの前に代表団の惨敗の全責任を引き受けると約束し、
    キーパーのアブダラフ・アリ・マイユフ、オフェンスのモハメド・アリ・サラウイ、ディフェンスのウサマ・ハヴサヴィの3選手は処罰を受けることを明らかにした。

    20151104_saudi_getty-560x373

    https://jp.sputniknews.com/worldcup-2018-archive/201806154995662/
    2: 風吹けば名無し 2018/06/15(金) 20:28:18.43 ID:D8qqVviC0.net
    さすがにかわいそう😭
    3: 風吹けば名無し 2018/06/15(金) 20:28:45.03 ID:AAzHDZEn0.net
    鞭打ちの刑とかかな、気の毒やね
    【【W杯】ロシアに大敗したサウジアラビア選手処罰される】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/16(土) 02:35:36.62 ID:CAP_USER9
    6/16(土) 2:28配信
    イケメン過ぎるモロッコ監督にネットがざわつく「ハリウッド俳優かよ」

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグB組 モロッコ1―0イラン(15日、サンクトペテルブルク)

     「イケメンすぎる」「めっちゃイケメン」「ハリウッド俳優かよ」

     日本時間15日深夜0時。午前3時からのポルトガル―スペイン戦に備えて仮眠していた人も多かったと思われるモロッコ―イラン戦で、ネット住民をざわつかせた噂のイケメン。モロッコ代表のエルヴェ・ルナール監督(49)その人である。

     トレードマークは清潔感あふれる白シャツ。日焼けした肌がひときわ映えるのは、レフ板効果もあるかも。しかもこの日はアンクル丈のパンツで、素足(またはごく浅い靴下)にシューズ。スタイリッシュすぎる…。

     1968年、フランスのエクスレバン生まれ。98年W杯フランス大会で、日本代表がベースキャンプを張ったリゾート地なので、ピンとくる人もいるだろう。

     現役時代のポジションはDF。カンヌなどで30歳までプレー。SCドラギニャンという下位クラブで指導者としてのキャリアをスタートさせ、ベトナムのクラブなどを渡り歩いた、見かけによらぬ苦労人である。

     08年にザンビア代表監督に就任。以後、アンゴラ、ザンビアなどアフリカの代表チームで実績を積み、14年W杯ブラジル大会で日本を破った(2○1)コートジボワール代表監督に、同大会後に就任。ハリルホジッチ前日本代表監督が率いていたリールの監督だったこともある。

    42abdc23-s

     試合はあまりに悲劇的な結末を迎えた。試合を通じて攻め込みながらゴールを奪えず、後半ロスタイムにオウンゴールで敗れた。残る2戦の相手はポルトガルとスペイン。あまりに厳しいが、今大会でルナール監督の笑顔が見られることを祈りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000069-sph-socc
    1529207185
    5: 名無しさん@恐縮です 2018/06/16(土) 02:38:27.98 ID:FdwWAT200
    美青年で鳴らした俳優がいい感じで歳重ねた感じ
    【【イケメン】W杯2018ロシア大会 モロッコ監督にネット民騒然】の続きを読む

    1: 3倍理論 ★
    日本代表MF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト、藤枝東高出)が1日、都内で代表選出後初めて報道陣の取材に応じた。自身3度目となる大会に向け、「成功と言える数字は、日本代表が今までに成し得なかったベスト8。達成は厳しいが、届かない目標ではない」と決意を示した。

     昨年8月のW杯出場決定後は、アジア以外のチームと対戦した試合で勝利がない。厳しい批判もある中、長谷部は「昨年からの結果や内容を踏まえれば当たり前。ピッチで結果を残すしかない」と覚悟を語り、「周りの目を変えるためには、何よりも結果。日本サッカーへの自信をつかみたい」と話した。

     5月30日のガーナ戦は完敗したが、代表チームには「W杯に向かって一つになってやっていこう」という雰囲気を感じている。本大会開幕まで約2週間。「チームがまとまるために役割を果たしたい」と主将としての自覚も口にした。

    page-15-800x533

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000020-at_s-socc

    【【W杯】日本代表 とんでもない目標を口にしてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ